教育支援ツール講習会

法政大学情報メディア教育研究センターでは、教育支援に関する研究のなかで様々なツールを開発しています。これらのツールを期末の成績処理あるいは秋学期の授業にて活用していただくため、これらツールの利用に関する講習会を開催することになりました。

開催日: 2017年 7月 18日(火)17:00 – 18:00 (説明)、18:00- (Q&A)
場 所: 法政大学 小金井キャンパス (東京都小金井市) 管理棟3F会議室
主 催: 法政大学 情報メディア教育研究センター
定 員: 30名
参加費: 無料

プログラム:
次のツールの利用方法を説明します。

jimonシステム
地紋を施した用紙でテストやアンケートを行った解答を収集し、採点を行った後、それらを複合機でスキャンすると採点結果が授業支援システムを通じて学生に返却されるとともに、教員には成績一覧およびPDF化された学生の解答が返却されます。

peas
スマホを使ったプレゼン相互評価ツールです。評価される学生が5分程度のプレゼンテーションを終了した後に、出席しているすべての学生がPCもしくはスマートフォンから評価を入力するシステムです。

OATube
学生が制作したDigital Story Tellingやビデオ作品をUploadし相互評価したり、反転授業などの予習ビデオを学生に公開します。

Gradebook File Manager
授業支援システム成績簿、マークシートExcel出力、edu2015出席管理システム(小金井キャンパスおよび市ケ谷キャンパス田町校舎)を原簿として素点を集計したExcelから、ABCDEといった成績判定を行い、Web成績入力用のデータを生成します。