公表論文 (2018)

No 公表論文
1 Chihiro KAMIO,Tatsuhito AIHARA, “Vibration Analysis of Baby Carriage Running on a Road Having Grooves at Regular Intervals”, Proceedings of The 8th TSME International Conference on Mechanical Engineering, 2017.12.15.
2 保住一彰,相原建人,”マルチボディダイナミクスによる歯車箱の振動解析”,日本機械学会北陸信越支部第55期総会・講演会講演論文集,No.183-1, G031.,2018年3月
3 Yuta ISHIKAWA, Tatsuhito AIHARA, “Analysis for Impact Force of Baby Carriage under Operating Condition”, 2018 Asian Conference on Design and Digital Engineering, 2018.
4 相原建人,渡邊啓太,土肥永生,金子祥平,”CPVAのねじり振動低減性能に関する理論解析(第1報)エピサイクロイド軌道の定式化とMBDモデルによる検証”,自動車技術会2018年春季大会,2018年5月.
5 渡邊啓太,相原建人,土肥永生,金子祥平,”CPVAのねじり振動低減性能に関する理論解析(第2報)任意軌道の定式化と軌道の影響解析”,自動車技術会2018年秋季大会,2018年10月.
6 相原建人,渡邊啓太,土肥永生,金子祥平,”CPVAのねじり振動低減性能に関する理論解析”,自動車技術会シンポジウム動力伝達系の最新技術2018,2018年11月
7 相原建人,渡邊啓太,土肥永生,金子祥平,”遠心振り子式動吸振器のねじり振動低減性能に関する理論解析 ― エピサイクロイド軌道の定式化とMBD モデルによる検証 ―”, 自動車技術会論文集,Vol.50, No.2, pp.353-358.
8 坂本賢生,相原建人,”1DCAEによる非線形歯対剛性を考慮した歯車箱の振動解析”,日本機械学会Dynamics and Design Conference 2018,2018年8月.
9 Kensho SAKAMOTO and Tatsuhito AIHARA, “Vibration Analysis of Gearbox by Using 1DCAE (Influence of Bearing Stiffness)”, Proceedings of the 9th TSME International Conference on Mechanical Engineering, 2018.12
10 Kazuaki HOZUMI and Tatsuhito AIHARA, “Development of Analysis Method for Gearbox Vibration and Verification by Experiment”, Proceedings of the 9th TSME International Conference on Mechanical Engineering, 2018.
11 興梠 涼,”軟式野球ボールの反発および衝撃性能”,2018年度法政大学大学院機械工学専攻修士論文,2019年3月
12 内山武彦,松本一哲,時田多喜人,新井和吉,“高速軟体衝突によるAl合金の変形およびCFRPの損傷発生における飛翔体形状の影響”,航空宇宙技術 Vol.17,pp. 289-297,2018年12月19日掲載
13 柄澤秀親,“円柱軟体飛翔体の高速衝突によるAl合金およびCFRP平板の損傷挙動”,2018年度法政大学大学院機械工学専攻修士論文,2019年3月
14 Hajime Yano, Takayuki Hirai, Masayuki Fujii, Kazuyoshi Arai, Hiroyuki Mochizuki, Eigo Ishioka, Ritsuko Jitsukawa, Haruki Nakano, Keith Nelson, Christopher Schuh, Steve Kooi, David Veysset, Mostafa Hassani Gangara, Rick Binzel: Cis-Lunar Object Detector Within Thermal Insulation (CLOTH) for the 6U Cubesat EQUULEUS, COSPAR 2018 42nd Assembly, B0.2-0004-18, July, 2018.
15 Ritsuko Jitsukawa, Takayuki Hirai, Keith Nelson, Hajime Yano, Masayuki Fujii, Kazuyoshi Arai, Hiroyuki Mochizuki, Eigo Ishioka, Haruki Nakano, Christopher Schuh, Steve Kooi, David Veysset, Mostafa Hassani Gangara, Rick Binzel: Computational and Experimental Prediction for Detection of Two Dust Populations in the Earth-Lunar Lagrange 2 Point by the EQUULEUS-CLOTH system, COSPAR 2018 42nd Assembly, B0.2-0022-18, July, 2018.
16 Ritsuko Jitsukawa, Hajime Yano, Takayuki Hirai, Eigo Ishioka, Haruki Nakano, Kazuyoshi Arai, David Veysset, Mostafa Hassani-Gangaraj, Steven E. Kooi, Christopher A. Schuh, Keith A. Nelson, EQUULEUS-CLOTH Team: Computational and Experimental Prediction for Cosmic Dust Detection by the EQUULEUS-CLOTH System, Advances in space research, 投稿予定.
17 實川律子,平井隆之,新井和吉,Keith Nelson,矢野創,EQUULEUS-CLOTHチーム:EQUULEUS-CLOTHの検出部検出性能評価,第62回宇宙科学技術連合講演会講演集,2C16,2018年10月.
18 實川律子,平井隆之,石岡英悟,中野晴貴,長谷川直,新井和吉,矢野創:衝突実験および数値解析によるCLOTH検出部の微粒子衝突検出性能評価,平成30年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム,4,2019年2月,JAXAリポジトリにおいて掲載予定.
19 中野晴貴,平井隆之,石岡英悟,實川律子,藤井雅之,長谷川直,新井和吉,矢野創:超高速衝突実験によるCLOTH信号処理回路部の検出可能微粒子直径評価,平成30年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム,5,2019年2月,JAXAリポジトリにおいて掲載予定.
20 大場渉,長命拓磨,新井和吉:高速衝突における被衝突体速度に及ぼす飛翔体先端形状の影響,平成30年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム,6,2019年2月,JAXAリポジトリにおいて掲載予定.
21 實川律子:多層断熱材一体型微粒子衝突センサの性能評価,2018年度法政大学大学院機械工学専攻修士論文,2019年3月.
22 大場渉:高速衝突における被衝突体速度に及ぼす飛翔体先端形状の影響,2018年度法政大学大学院機械工学専攻修士論文,2019年3月.
23 常盤祐司、意図的にグループを形成する大規模授業支援システム、情報処理学会CLE研究会、2019年3月、情報処理学会
24 Junko Toyoshima, Soichiro Fujii, Yuji Tokiwa, “Major Upgrade of the Presentation Education Assistance System (PEAS) and its Extensive Application to Educational Fields”, 2018, IEEE, FIE2018
25 坂本旬、法政大学情報メディア教育研究センター・シンポジウム2019、2019年2月28日
26 坂本旬、ESDと教育改革―被災地の学校での取り組みから、教育復興シンポジウムⅧ、2019年3月2日(福島大学)
27 坂本旬・寺崎里水・笹川孝一、福島における「持続可能な開発のための教育」のための地域学習支援、法政大学キャリアデザイン学部紀要『生涯学習とキャリアデザイン』第16巻2号(2019)
28 (口頭発表)内田大介,村越潤,齊藤史朗,井口進:上端カットした鋼床版垂直補剛材の引張応力下における疲労強度,土木学会第74回年次学術講演会,2019年9月
29 (口頭発表)濱達矢,石井一騎,内田大介:拡大孔・長孔を有する高力ボルト摩擦接合継手の板厚と材質がすべり係数に及ぼす影響,土木学会第74回年次学術講演会,2019年9月
30 (口頭発表)石井一騎,濱達矢,内田大介:拡大孔・長孔を有する高力ボルト摩擦接合継手の拡大座金によるすべり係数の改善,土木学会第74回年次学術講演会,2019年9月
31 (口頭発表)林暢彦,井口進,小笠原照夫,内田大介,森猛,中山汰一:取替え鋼床版と既設主桁の接合部の高力ボルト本数に関する検討,土木学会第74回年次学術講演会,2019年9月
32 後藤 優典、片岡 洋右、 緒方 啓典、”分子動力学シミュレーションによる窒素の気液相境界”、本センター発行の研究報告に投稿中
33 片岡洋右、” 分子動力学法による液化過程とspinodal線”、本センター発行の研究報告に投稿中
34 片岡洋右、” 分子動力学シミュレーションによる荷電コロイド分散系における秩序構造の安定性-2 ”、本センター発行の研究報告に投稿中
35 片岡洋右、” ファンデルワールス式によるLiと氷の相図”, 第21回理論化学討論会,2018年 5月
36 片岡洋右、”ファンデルワールス式による固・液・気相平衡”,日本コンピュータ化学会2018年春季年会,2018年 6月
37 片岡洋右、”一般化ファンデルワールス式によるアルゴンの3相平衡”,第12回分子科学討論会,2018年 9月
38 片岡洋右、”Phase Diagram of water and lithium by van der Waals equation of state”,第41回溶液化学シンポジウム,2018年 10月
39 片岡洋右、”分子動力学法による気・液平衡密度”,第32回分子シミュレーション討論会,2016年 12月
40 片岡洋右,緒方 啓典,河野清静一郎、守吉佑介、”二粒子系アルミナ焼結体の弾性率及び熱膨張率の分子動力学シミュレーション”,第31回耐火物技術協会年次学術講演会,2016年 4月
41 片岡洋右、”分子動力学法による飽和蒸気密度”,日本化学会第99回春季年会、2019年3月
42 長峯健太,辻田星歩,金子雅直,超小型遠心圧縮機内の流れの数値解析―出口境界位置の影響―,日本機械学会関東支部第25期総会・講演会,2019.
43 Masanao Kaneko and Hoshio Tsujita, Influences of Tip Leakage Flows Discharged From Main and Splitter Blades on Flow Field in Transonic Centrifugal Compressor Stage, ASME Turbo Expo 2018, GT2018-75345, 2018.
44 Sayako Sakama, Yuki Kitazawa, Yoshiki Sugawara, Yutaka Tanaka, Estimating the Air Volume Fraction in Hydraulic Oil by Measuring the Effective Bulk Modulus, 11th IFK International Conference Proceedings, Vol.3, pp. 79-85, 2018
45 Yutaka Tanaka, Air Bubble Separation from Hydraulic Oils for Performance Improvement of Fluid Power Systems, 第10回中国全国流体制御学会・招待講演,2018年
46 高見澤 諒,舟知 亮祐,坂間 清子,田中 豊,CFDを用いた気泡除去装置の性能評価(計算モデルと計算格子の影響),平成30年秋季フルードパワーシステム講演会講演論文集,pp.117-119,2018
47 松尾巧椰,河内敦:β-(tert-ブトキシ)ジシラニルリチウムを用いた官能性オリゴシランの合成,日本化学会第99春季年会,4D1-18,平成30年3月19日,甲南大学岡本キャンパス,兵庫県神戸市.
48 清水智美,河内敦:ボラフルオレニル基を有するo-(シリル)(ボリル)ベンゼンの合成,日本化学会第99春季年会,4D1-19,平成30年3月19日,甲南大学岡本キャンパス,兵庫県神戸市.
49 廣谷翔,田中功,河内敦:ホウ素置換シリルリチウムの合成,第22回ケイ素化学協会シンポジウム,P-28, 平成30年10月26日,きぬ川ホテル三日月,栃木県日光市.
50 野中雄貴,小柳涼汰,河内敦:(ジメシチルシリル)ジメシチルボランの合成と反応,第22回ケイ素化学協会シンポジウム,P-29, 平成30年10月26日,きぬ川ホテル三日月,栃木県日光市.
51 清水智美,河内敦:ホウ素原子上のアリール基のかさ高さを減少させたo-(シリル)(ボリル)ベンゼンの合成,第22回ケイ素化学協会シンポジウム,P-27, 平成30年10月26日,きぬ川ホテル三日月,栃木県日光市.
52 松尾巧椰,廣畑智紀,河内敦:β-(tert-ブトキシ)ジシラニルアニオンを用いた官能性オリゴシランの合成,第22回ケイ素化学協会シンポジウム,P-31, 平成30年10月26日,きぬ川ホテル三日月,栃木県日光市.
53 中田和秀、藤尾瑞枝、”アミノ(フェニルボラニル)メチルアニオンの気相安定性に及ぼす置換基効果”、日本化学会第98春季年会(2018)、2018年3月
54 Kazuhide Nakata, Mizue Fujio, “Computational Study of Substituent Effects on Gas-Phase Stabilities of Amino(phenylboranyl)methyl Anions”, 24th International Conference on Physical Organic Chemistry (ICPOC 24), 2018年7月
55 Kazuhide Nakata, Mizue Fujio, “Computational Study of the Through-Resonance Effect Operating on (Phenylamino)methyl Cations”, 24th International Conference on Physical Organic Chemistry (ICPOC 24), 2018年7月
56 中田和秀、藤尾瑞枝、”フェニルアミノメチルカチオン骨格にに作用する直接共鳴効果”、第24回基礎有機化学討論会、2018年9月
57 中田和秀、藤尾瑞枝、”フェニルボラニルメチルアニオン骨格にに作用する直接共鳴効果に関する計算化学的研究”、日本化学会第99春季年会(2019)、2019年3月
58 中田和秀、藤尾瑞枝、”α,α-ジメチルベンジルカチオンに作用する直接共鳴効果の二面角依存性”、法政大学情報メディア教育研究センター研究報告、2019年(受理)
59 Kazuhide Nakata, Hans-Ullrich Siehl, Gerhard Maas, Mizue Fujio, “Computational study of substituent effects on gas-phase stabilities of phenylaminomethyl cations”, J. Phys. Org. Chem., accepted.
60 Souichi Ishikawa, “Two-pion exchange three-nucleon force effects in elastic nucleon-deuteron scattering cross sections”, Few-Body Systems (査読中)
61 Souichi Ishikawa, (口頭発表) “Three-nucleon force effects in nucleon-deuteron scattering with large cutoff parameters”, Fifth Joint Meeting of the Nuclear Physics Divisions of APS and JPS (Hawaii2018), 2018年10月
62 廣野史明、岩沢美佐子、善甫康成、“粒子法とBohm 形式による波束の干渉の数値解析”、⽇本応⽤数理学会、 2018年9月
63 廣野史明、岩沢美佐⼦、狩野覚、善甫康成、” 粒⼦法による波束の⼲渉の数値解析”、 ⽇本コンピュータ化学会、2018年11月
64 Y. Takeuchi, M. Sanjo, W. Kobayashi, H. Kuramochi, A. Takamine, Y. Matsuo, Y, Zempo, T. Tahara, and H. Ueno, “Attempt to measure relaxation time of atomic bubble surrounding alkaline atoms in superfluid helium”, RIKEN Accelerator Progress Report vol.52, 2018(投稿中)
65 廣野史明、岩沢美佐子、狩野覚、善甫康成、”粒子法による量子波束の数値解析”、 法政大学情報メディア教育研究センター研究報告Vol.34、2018年(投稿中)
66 堀井衿佳,酒井久和,佐々木尚,中島進,藤原寅士良,”石積み擁壁の耐震性評価のための FEMのモデル化に関する研究“,地震工学研究発表会,2018年
67 河野峻大,出口清孝,川久保俊:ヴァナキュラー建築に施されたパッシブデザインの応用に関する研究(その3)-世界の地域ポリゴンによる類型化と連続面化した気象データの精度検証-,日本建築学会大会学術研究梗概集(東北),2018年9月
68 加藤圭,出口清孝,川久保俊,河野峻大:ヴァナキュラー建築に施されたパッシブデザインの応用に関する研究(その2)-ヴァナキュラー建築の分布と世界の樹木被覆率との関係把握-,日本建築学会大会学術研究梗概集(東北),2018年9月
69 松尾諒,出口清孝,川久保俊,伊香賀俊治,山口歩太:アメダスデータを用いた気象データベース構築に関する基礎的研究,日本建築学会大会学術梗概集(東北),2018年9月
70 茂木和也,川久保俊,村上周三,出口清孝,荒深凌馬,茂手木大貴:自治体におけるSDGs達成に向けた取組の進捗管理のための指標に関する研究(その2)-自治体SDGs指標リストを用いた全国基礎自治体の現状把握-,日本建築学会大会学術講演集(東北),2018年9月
71 茂手木大貴,川久保俊,村上周三,出口清孝,荒深凌馬,茂木和也:自治体におけるSDGs達成に向けた取組の進捗管理のための指標に関する研究(その4)-自治体SDGs指標リストを用いた全国基礎自治体のSDGs取組度の時系列変化の把握-,日本建築学会大会学術梗概集(東北),2018年9月
72 村上凜人,川久保俊,村上周三,出口清孝,伊香賀俊治,荒深凌馬,茂木和也,茂手木大貴:CASBEE-都市(世界版)を用いた国内自治体評価,日本建築学会大会学術講演集(東北),2018年9月
73 茂木和也,川久保俊,村上周三,出口清孝,荒深凌馬:自治体におけるSDGs達成に向けた取組度の分析(その1)-ローカルSDGs指標を用いた全国基礎自治体のSDGs達成に向けた進捗状況の3時点間比較-,2018年度日本建築学会関東支部研究報告集,2019年3月
74 山口歩太,川久保俊,出口清孝,吉田功樹:地理空間加重回帰分析に基づく集合住宅の環境性能が分譲価格に及ぼす影響の推計,2018年度日本建築学会関東支部研究報告集,2019年3月
75 松尾諒,出口清孝,川久保俊,山口歩太:死因別標準化死亡比に基づく全国市区町村別健康格差の時系列比較,2018年度日本建築学会関東支部研究報告集,2019年3月
76 吉田功樹,川久保俊,出口清孝,山口歩太:建築規模別にみた各用途地域における建築物の環境性能と公示地価の関係性,2018年度日本建築学会関東支部研究報告集,2019年3月
77 竹内則雄, HPMを用いた骨組構造の大変位解析と崩壊判定,計算工学講演会論文集,22(2017.6)
78 Norio Takeuchi, Large displacement analysis and collapse detection for framed structures using HPM, The 2nd International Conference on Computational Engineering and Safety and Environmental Problems, Chengdu, China (2017.10)
79 Norio Takeuchi, Numerical simulation of three-stage failure with dynamic contact based on co-rotational technique, The 2nd International Conference on Computational Engineering and Safety and Environmental Problems, Chengdu, China (2017.10)
80 Norio Takeuchi, Three-dimensional simplified slope stability analysis by hybrid-type penalty method, Geomechanics and Engineering, Techno Press (accept)
81 竹内則雄, HPMを用いた骨組構造の崩壊後の剛体運動,計算工学講演会論文集,23(投稿中)
82 竹内則雄, 動的接触・大回転を考慮したマルチステージ破壊プロセスの数値解析,計算工学講演会論文集,23(投稿中)
83 竹内則雄, HPMによる骨組構造における不安定次数による崩壊判定,第21回応用力学シンポジウム論文集会論文集(投稿中)
84 Norio Takeuchi, Development of Multi Stage Failure Simulation using the Principle of Hybrid-type Virtual Work, The 13th World Congress in Computational Mechanics, New York City, USA (submitted)
85 Norio Takeuchi, Crack progress analysis of plain concrete using prescribed displacement based on hybrid-type penalty method, The 13th World Congress in Computational Mechanics, New York City, USA (submitted)
86 Norio Takeuchi, Three-stage failure simulation with dynamic frictional contact based on co-rotational technique, The 13th World Congress in Computational Mechanics, New York City, USA (submitted)