シンポジウム 2011

オープンソースeラーニングシステムの重要性と需要は全世界規模で益々高まってきており、国内においても、オープンソース コミュニティにより開発された授業支援システムやeポートフォリオ等々を導入する教育機関が増えてきています。法政大学では2005年よりオープンソース授業支援システムSakai の実験的な利用を開始し、2011年4月から全学システムとして本格的に利用を開始しました。本シンポジウムではこれまでの利用および運用を通じて得られた授業支援システムSakai に関する様々な知見および成果を報告いたします。 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

開催日: 2011年 9月14日(水)13:30-17:00
場 所: 法政大学 市ヶ谷キャンパス 外濠校舎 4階 S405教室
主 催: 法政大学 情報メディア教育研究センター
共 催: 法政大学 教育開発支援機構 FD推進センター,Ja Sakai コミュニティ
定 員: 200名
参加費: 無料

プログラム:

13:30 – 13:40 開会挨拶    八名 和夫 (法政大学 情報メディア教育研究センター所長) PDF
13:40 – 14:20 Sakai の現状と方向性  梶田 将司  (名古屋大学 情報連携統括本部情報戦略室) PDF
14:20 – 14:50 授業での授業支援システム活用事例Ⅰ 野々部 宏司 (法政大学 情報メディア教育研究センター副所長)PDF
14:50 – 15:20 授業での授業支援システム活用事例Ⅱ 常盤 祐司 (法政大学 情報メディア教育研究センター)PDF
15:20 – 15:30 Break
15:30 – 15:50 全学システムとしてのSakai評価   寺脇 由紀 (法政大学 情報メディア教育研究センター) PDF
15:50 – 16:10 eポートフォリオシステム評価 – Mahara と Sakai OSP -  宮崎 誠 (法政大学 情報メディア教育研究センター) PDF
16:10 – 16:30 Sakai Community に対する Commercial Affiliate としての貢献  吉田 光男 (兼松エレクトロニクス) PDF
16:30 – 17:00 会場とのインタラクティブセッション

問合先: 情報メディア教育研究センター事務局  Mail: cms@ml.hosei.ac.jp

資料:
授業支援システムWebガイド
授業支援システムガイドブック 2011