公表論文 (2016)

No 公表論文
1 小柳涼汰,河内敦,“ヒドロシリルボランの合成と反応”,日本化学会第97春季年会,2017年3月.
2 田中功,河内敦,“官能性シリルボランの合成と反応”,日本化学会第97春季年会,2017年3月.
3 木村直登、中山大輝、“軸方向応力を受ける面外ガセット溶接継手の疲労き裂の発生・進展挙動” 平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会、2016年 9月
4 Chihiro KAMIO, Tatsuhito AIHARA, Gaku MINORIKAWA, “Vibration Analysis of Baby Carriage Using the Multi-Body Dynamics”, Proceedings of 2nd International Conference on Mechanical and Production Engineering, IRP Publication, pp.173-178, 2016
5 神尾ちひろ,相原建人,御法川学,“実走行時におけるベビーカーの振動解析”,2016年度秋季大会研究発表講演会講演論文集,日本設計工学会,pp.147-150,2016年
6 Souichi Ishikawa, Monopole transition strength function of in three- model, Physical Review C, Vol. 94, No.6 (2016) 061603(R):1-5, (DOI: 10.1103/PhysRevC.94.061603).
7 Souichi Ishikawa, Three-body potentials in -particle model of light nuclei, Few-Body Systems, Vol.58, No. 2 (2017) 37:1-4, (DOI:10.1007/s00601-016-1205-y), The 23rd European Conference on Few-Body Problems in Physics (EFB23), Aarhus, Denmark, August 8 – 12, 2016.
8 S. Ishikawa, T. Kajino, S. Shibagaki, A. B. Balantekin, and M. Famiano, Three-body model calculation of formation rate and application to supernova nucleosynthesis, JPS Conference Proceedings Vol. 14, (2017) 010406:1-4, (DOI: 10.7566/JPSCP.14.010406), The 14th International Symposium on Nuclei in the Cosmos (NIC-XIV), Toki Messe, Niigata, Japan, June 19 – 24, 2016.
9 實川律子,平井隆之,望月悠行,石岡英悟,長谷川直,柳沢俊史,新井和吉,矢野創,“複層薄膜貫通型微粒子衝突センサの有用性の実証”,平成28年度宇宙科学に関する室内実験シンポジウム,2017年2月28日,JAXAホームページにおいて掲載予定.
10 野中惇平,齋藤慎平,東出真澄,矢野創,新井和吉, “アルミニウム合金製薄肉円筒圧力容器の粒子衝突貫通限界速度に及ぼす内圧の影響”, 第28年度衝撃波シンポジウム講演論文集, 2B1-3,2017年3月9日.
11 時田多喜人,内山武彦,小川直哉,新井和吉,“人工欠陥を有するCFRP平板の高速軟体衝突,平成28年度衝撃波シンポジウム講演論文集,2017年3月掲載予定
12 高嶋優,湊美帆,時枝健一,藤原聖司,新井和吉,“ソフトボール用FRP製バットのバレル部圧縮応力と反発性能”,日本野球科学研究会第4回大会,1-26,2016年12月2~3日.
13 高嶋優,尾身郁哉,小林裕,時枝健一,藤原聖司,新井和吉,“金属バットのBBCORに及ぼすHoop周波数および衝突速度の影響”,日本機械学会論文集,Vol.83,No.846,p. 16-00436,2017.
14 常盤祐司・藤井聡一朗・畠山久・出口大輔・梶田将司、“Open Apereo 2016 Conference参加報告”、情報処理学会研究報告、Vol.2016-CLE-20,2016
15 常盤祐司、” Sakai翻訳”、第5回 Ja Sakaiアンカンファレンス、 https://jasakai-confluence.atlassian.net/wiki/x/CwDi
16 常盤祐司、”情報メディア教育研究センター 2016年度活動報告”、情報メディア教育研究センターシンポジウム2017、http://www.media.hosei.ac.jp/symp2017/
17 安武知晃,出口清孝,川久保俊“東日本大震災における津波浸水地域の特性の把握”,日本建築学会大会学術研究梗概集,pp.847-848,2016年8月
18 渡邉大和,川久保俊,出口清孝“地域間健康格差の実態把握とその要因解明に関する研究(その2)-クラスタ・外れ値分析に基づく市区町村別健康格差の時系列変化の把握-”,日本建築学会大会学術研究梗概集,pp.1181-1182,2016年8月
19 荒深凌馬,川久保俊,出口清孝“全国基礎自治体におけるCO2排出要因の分析”,日本建築学会大会学術研究梗概集,pp.1331-1332,2016年8月
20 河野峻大,出口清孝,川久保俊“ヴァナキュラー建築のパッシブデザインの応用に関する研究-世界の気候分布に基づくアジア地域のデータベース構築-”,日本建築学会関東支部研究報告集,2017年2月
21 茂木和也,川久保俊,出口清孝,村上周三,伊香賀俊治“建築物の総合環境性能評価手法CASBEEに関する研究(その133)-CASBEE-都市を用いた全国基礎自治体の環境性能の1990年~2010年の5時点間比較-”,日本建築学会大会学術研究梗概集,pp.1209-1210,2016年8月
22 山口歩太,川久保俊,出口清孝,鈴木悠太“地理空間分析による9つの政令指定都市における建築物の環境性能の実態把握”,日本建築学会大会学術研究梗概集,pp.1023-1024,2016年8月
23 金子雅直,辻田星歩,短翼を有する遷音速遠心圧縮機内の設計点での流れ場における翼端漏れ流れの影響,日本機械学会論文集(流体工学,流体機械),Vol.82,No.844,2016
24 金子雅直,辻田星歩,短翼を有する遷音速遠心圧縮機内の低流量作動点での流れ場における翼端漏れ流れの挙動,第44回 日本ガスタービン学会定期講演会,pp.57-62,2016.
25 Kazuhide Nakata, Hans-Ullrich Siehl, Gerhard Maas, and Mizue Fujio, “Computational study of substituent effects on the gas-phase stabilities of N-phenylguanidinium ions”, J. Phys. Org. Chem., 29, 741-749 (2016).
26 M. Suenaga, K. Nakata, J.-L. M. Abboud, and M. Mishima, “Negative Hyperconjugation in Acidity of Polyfluorinated Alkanes. A Natural Bond Orbital Analysis”, Bull. Chem. Soc. Jpn., 90, 289-297 (2017).
27 M. Suenaga, K. Nakata, J.-L. M. Abboud, and M. Mishima, “A Natural Bond Orbital Analysis of Aryl-substituted Polyfluorinated Carbanions. Negative Hyperconjugation”, Bull. Chem. Soc. Jpn., 投稿中.
28 中田和秀,ハンス・ウルリッヒ・ジール,藤尾瑞枝,“フェニルアミノメチルカチオンの気相安定性に及ぼす置換基効果”, 法政大学情報メディア教育研究センター研究報告, 投稿中.
29 Kazuhide Nakata and Mizue Fujio, “Computational study of substituent effects on the gas-phase stabilities of phenylboranylmethyl anions”, Pure App. Chem., 投稿中.
30 K. Nakata, M. Fujio, H.-U. Siehl, G. Maas, “Computational Study of Substituent Effects on Gas-Phase Stabilities of Phenylaminomethyl Cations”, Pre-symposium of Fujihara Seminar, 16 Apr. 2016, Hiroshima, 口頭発表.
31 K. Nakata, M. Fujio, “Computational Study of Substituent Effects on the Gas-Phase Stabilities of Phenylboranylmethyl Anions”, The 23rd IUPAC International Conference on Physical Organic Chemistry (ICPOC-23), 3-8 Jul. 2016, Sydney, Australia, 口頭発表.
32 中田和秀,藤尾瑞枝“フェニルボラニルメチルアニオンの気相安定性に及ぼす置換基効果に関する計算化学的研究”, 第27回基礎有機化学討論会, 2016年9月1〜3日, 広島国際会議場(広島市), 口頭発表.
33 角澤直紀,中田和秀,中川賀恵,戸島悠太郎,内海友希,安池修之, “塩化鉄(III)触媒によるトリチエニルスチバンと酸塩化物との反応の反応機構”, 第46回複素環化学討論会, 2016年9月26〜28日, 金沢歌劇座(金沢市), ポスター発表.
34 中田和秀,藤尾瑞枝“1-(フェニルアミノ)エチルカチオンの直接共鳴効果に関する計算化学的研究”, 日本化学会第97春季年会(2017), 2017年3月16〜19日, 慶応義塾大学日吉キャンパス(横浜市)
35 K. Nakata, M. Fujio, H.-U. Siehl, G. Maas, “Computational Study of Substituent Effects on the Gas-Phase Stabilities of 1-(Phenylamino)methyl Cations”, The 16th European Symposium on Organic Reactivity, 3-8 Sep. 2017, Durham, Britain, 発表予定.
36 木村直登、森 猛、中山大輝、“軸方向応力を受ける面外ガセット溶接継手の疲労き裂の発生・進展挙動” 平成28年度全国大会 第71回年次学術講演会、2016年 9月
37 森 猛,木村直登:圧縮繰返し応力を受ける面外ガセット溶接継手の疲労き裂発生・進展挙動と疲労強度,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.73,No.1,pp.278-287,2017年4月
38 Discrete Limit Analysis for Framed Structures by using Hybrid-type Penalty Method, Bulletin of Research Center for Computing and Multimedia Studies, Hosei University, 30, pp.1-11(2016)
39 3-Dimensional Simplified Slope Stability Analysis By using Hybrid-Type Penalty Method, 12th World Congress on Computational Mechanics (2016.7)
40 有限回転を考慮したHPMによる大変位解析,土木学会第19回応用力学シンポジウム(2016.5)
41 結合力モデルを用いた共回転有限要素法による大変位・大回転破壊解析,土木学会第19回応用力学シンポジウム(2016.5)
42 HPMによる大変位解析,計算工学講演会論文集,21 (2016.5)
43 HPMによる三次元簡易斜面安定解析,計算工学講演会論文集,21 (2016.5)
44 結合力モデルを用いた共回転有限要素法による大変位・大回転破壊解析,計算工学講演会論文集,21 (2016.5)
45 HPMを用いた骨組構造の大変位解析と崩壊判定計算工学講演会論文集,22 (投稿中)