公表論文 (2011)

No 公表論文
1 S. Ishikawa “Three-body calculation of triple-alpha reaction at low energies” Journal of Physics: Conference Series, Vol. 312 (2011), 042010. (doi:10.1088/1742-6596/312/4/042010)
2 S. Ishikawa “Three-nucleon force effects in deuteron-proton breakup reactions studied with coordinate space Faddeev calculations” Workshop on Three-Nucleon Forces in Vacuum and in the Medium, ECT*, Trento, Italy, July 11 – 15, 2011
3 S. Ishikawa “Faddeev three-body calculation of triple-alpha reaction” (To be published in Few-Body Systems) The Fifth Asia-Pacific Conference on Few-Body Problems in Physics 2011 (APFB2011) Sungkyunkwan University, Seoul, Republic of Korea, August 22 – 26, 2011
4 S. Ishikawa, “Three-body calculation of triple-alpha reaction at low energies”
Journal of Physics: Conference Series (submitted for publication)
5 高梨智也,菅野哲也,辻田星歩,”トランスピレーション冷却を有する直線タービン動翼列内の流れの数値解析”,第39回日本ガスタービン学会定期講演会(松本),2011年7月
6 菅野哲也,高梨智也,宮嵜康,辻田星歩”トランスピレーション冷却を有する直線タービン静翼列内の流れの数値解析”,日本機械学会東北支部 第47 期総会・講演会,2012年3月
7 堀内大嗣,辻田星歩,山口諭,山方章弘,元田奈都子,”ラジアルタービン内部流れの数値解
析(スキャロップ半径比の影響)”,第66 回 ターボ機械協会 宮崎講演会,2011 年9 月
8 菅沼健太郎,辻田星歩,山口諭,山方章弘,元田奈都子,”ラジアルタービン内の油膜法によ
る流れの可視化”,日本機械学会東北支部 第47 期 総会・講演会,2012 年3 月
9 高橋秀明,井上敬太,浦澤俊介,新井和吉,長谷川直,”液体を用いたスペースデブリシールドの液体層厚さの検討,”平成23年度スペース・プラズマ研究会(2012年2月27日)
10 Yosuke KATAOKA and Yuri YAMADA, “Equation of State for a Perfect Solid and Its Application to the Solid-Gas Equilibrium of Argon”, J. Comput. Chem. Jpn., Vol. 10, No. 3, pp. 98–104 (2011)
11 Yosuke KATAOKA* and Yuri YAMADA, “Thermodynamics of 3-Phase Equilibrium in Argon Based on a Perfect Solid and Liquid”, accepted for publication by J. Comput. Chem. Jpn.
12 片岡洋右 山田祐理、”完全液体と完全固体の熱力学”、第14回理論化学討論会、2011年5月
13 片岡洋右 山田祐理、”完全固体の状態方程式と固体アルゴンの蒸気圧”. 日本コンピュータ化学会、2011春季年会/ 1O01、2011年6月
14 片岡洋右 山田祐理、”完全固体の状態方程式による相平衡”、日本化学会第5回関東支部大会 2011年8月
15 片岡洋右 山田祐理, “完全固体と完全液体の状態方程式”, 分子科学札幌 3E02, 2011年9月
16 片岡洋右 山田祐理、”完全液体と完全固体の熱力学”、溶液化学シンポジウム O-21 2011年11月
17 片岡洋右 山田祐理、” 完全固体と完全流体の相平衡”, 分子シミュレーション討論会, 308L 2011年11月
18 坂間清子、鈴木隆司、田中豊、”気泡除去装置の形状パラメータの最適化(テ―パ管路部長さの評価)”、平成23年春季フルードパワーシステム講演会講演論文集、pp.46-48,2011年5月
19 R. Suzuki, Y. Tanaka and H. Goto, “Bubble Elimination from Hydraulic Fluids for Reduction of Environmental Burdens”, The Twelfth Scandinavian International Conference on Fluid Power, SICFP’11, Vol.2, pp341-353, 2011/05
20 坂間清子、田中豊、鈴木隆司、五嶋裕之、田中信之、”油圧動力伝達システムに使用する油中気泡除去技術”、第23回フルードパワーシステム国際見本市論文集、pp.1-2、2011年7月
21 S. Sakama, R. Suzuki and Y. Tanaka, “Numerical evaluation of bubble eliminator for hydraulic systems”, International Conference on Fluid Power and Mechatronics, IEEE Catalog No. CFP1199K-CDR, pp.534-539, 2011/08
22 S. Sakama, R. Suzuki and Y. Tanaka, “Optimal Design of Bubble Eliminator by Numerical and Experimental Investigation”, The 8th JFPS International Symposium on Fluid Power, pp.182-187,2011/10
23 S. Sakama, Y. Tanaka, R. Suzuki, “Optimization of Bubble Eliminator by Numerical and Experimental Investigation”, International Journal of Automation Technology, Vol.6, No.4, 2012. (掲載予定)
24 坂間清子、田中豊、鈴木隆司、”気泡除去装置の設計と評価に関する研究(第1報 放気口径の選定)”、日本フルードパワーシステム学会論文集、(投稿中)
25 坂間清子、田中豊、鈴木隆司、”気泡除去装置の設計と評価に関する研究(第2報 テーパ管路部長さの選定)”、日本フルードパワーシステム学会論文集、(投稿中)
26 石井 伸幸,原 成紀,岩原 光男, “実験モード解析と計算モード解析によるバドミントンラケットの振動特性評価”,日本機械学会関東支部第18期総会講演会講演論文集,No.120-1,pp.475-476(2012.3.10)
27 山田弘晃(法政大),岩原光男,新井和吉,”FRPバットの打撃時におけるしびれと振動の関係”,日本機械学会関東支部第18期総会講演会講演論文集,No.120-1,pp.477-478(2012.3.10)
28 久保田孝佑, 齋藤幸宏, 久保田康稔, 岩原光男, 御法川学,” ゴルフクラブ放射音の予測”, 日本機械学会シンポジウム:スポーツ・アンド・ヒューマンダイナミクス講演論文集 Vol.2010, Page344-349 (2010.11.02)
29 豊島純子,常盤祐司:Digital Video Streamingを利用したプレゼンテーション技術の教育 -フィジカルメッセージ教育への適用-,日本e-Learning学会誌, Vol.11 ,pp 60-70 (2011).
30 常盤祐司:Sakai CLEを基盤とした遠隔講義向アクティブラーニング支援ツールの開発,教育システム情報学会JSiSE2011,pp316-317 (2011)
31 Yuji Tokiwa: Class Attendee Roster Tool, Sakai Conference 2011, Technical Demonstration (2011)
32 國分圭介,御法川学,岩原光男,大江耕司, “三味線の音響特性”,日本機械学会関東支部第18期総会講演会講演論文集,No.120-1,pp.477-478(2012.3.10)
33 中田和秀,”有機アニオン種の安定性を支配する置換基の電子効果”, 基礎有機化学・夏の学校, 2011年8月26?27日, ホテルコスモスクエア国際交流センター(大阪市)
34 K. Nakata, M. Fujio, K. Nishimoto, and Y. Tsuno, “Theoretical Study of the Substituent Effects on the Gas Phase Stabilities of Phenoxide Ions”, The 13th European Symposium on Organic Reactivity, 11-16 Sep. 2011, Tartu, Estonia
35 中田和秀、藤尾瑞枝、西本吉助、都野雄甫,”フェノキシドイオンの気相安定性に及ぼす置換基効果に関する理論的研究”, 第22回基礎有機化学討論会, 2011年9月21?23日, つくば国際会議場(つくば市)
36 中田和秀、藤尾瑞枝、西本吉助、都野雄甫,”安息香酸の気相酸性度に及ぼす置換基効果”, 日本化学会第92春季年会(2012), 2012年3月25?28日, 慶應義塾大学日吉キャンパス、矢上キャンパス(横浜市)
37 K. Nakata, M. Fujio, K. Nishimoto, and Y. Tsuno, “Theoretical Study of the Substituent Effects on the Gas-Phase Acidities of Benzoic and Phenylacetic Acids”, The 21st IUPAC International Conference on Physical Organic Chemistry (ICPOC-21), 9-13 Sep. 2012, Durham University, UK, 発表予定
38 中田和秀、藤尾瑞枝、西本吉助、都野雄甫,”安息香酸の気相酸性度に及ぼす置換基効果に関する理論的研究”, 第23回基礎有機化学討論会, 2012年9月19?21日, 京都テルサ(京都市), 発表予定
39 K. Nakata, M. Fujio, K. Nishimoto, and Y. Tsuno, “Theoretical Study of the Substituent Effects on the Gas Phase Stabilities of Benzylic Anions”, J. Phys. Org. Chem., 23, 1057-1065 (2010).
40 K. Nakata, M. Fujio, K. Nishimoto, and Y. Tsuno, “Theoretical study of the substituent effects on the gas-phase stabilities of phenoxide anions”, J. Phys. Org. Chem., Accepted.
41 K. Nakata, M. Fujio, K. Nishimoto, and Y. Tsuno, “Theoretical study of the substituent effects on the gas-phase stabilities of phenylamide anions”, J. Phys. Org. Chem., 投稿予定.
42 八木唯夫,山村和人,竹内則雄,”動的陰解法と陽解法によるHPM の解の精度に
ついて”,日本計算工学会講演会論文集,Vol.16(2011)
43 新家理恵子,竹内則雄,大島礼治,”異方性材料としての段ボールシートの離散
化極限解析”,計算工学講演会論文集,Vol.16(2011)
44 Tadao Yagi and Norio Takeuchi, “On Accuracy of Solution for Explicit and Implicit
Dynamic Formulation with Hybrid-type Penalty Method”, Advances in Discontinuous
Numerical Methods and Applications in Geomechanics and Geoengineering, CRC Press,
pp.419-425, 2011
45 仙波千帆,山村和人,竹内則雄,”大変位問題に対するハイブリッド型ペナルテ
ィ法の適用”,土木学会応用力学論文集,(2012 年投稿中)
46 仙波千帆,山村和人,竹内則雄,”ハイブリッド型ペナルティ法の解による大変
位問題の解析手法の提案”,日本計算工学会講演会論文集(2012 年投稿中)
47 宮崎 誠,松葉 龍一:「eポートフォリオを活用した授業実践 ミネソタ大学訪問調査報告」,日本教育工学会 第27回全国大会, pp.463-464 (2011)
48 常盤祐司,宮崎誠,児玉靖司,松葉龍一,梶田将司:「第12回 Sakai Conference 参加報告」,情報処理学会研究報告, Vol.2011-CLE-5 No.1 (2011)
49 宮崎誠: eポートフォリオシステム評価 - Mahara と Sakai OSP -, 情報メディア教育研究センター シンポジウム(2011)
50 宮崎誠:学習コミュニティとしてのeポートフォリオ・システムの試行 ,情報処理学会研究報告, Vol.2011-CLE-6 No.8 (2011)
51 宮崎誠:「法政大学国際文化部におけるeポートフォリオの取り組み ― 学習コミュニティ構築を目指して ―」, 第7回FDフォーラム eポートフォリオの活用方法 – 実践的取り組み -, (2011)