JaSakai/AXIES/IMS 合同カンファレンス 2019

法政大学情報メディア教育研究センターでは2019年3月25日(月)に法政大学市ケ谷キャンパスにて JaSakai、大学ICT推進協議会(AXIES)、日本IMS協会 と合同カンファレンスを開催いたします。
 今回のカンファレンスでは、Sakai CommunityやEDUCAUSEでLearning Analyticsに関する数多くの報告をされている米国ノートルダム大学から、Patrick Miller氏および Xiaojing Duan氏を迎え、全学的かつ大規模に行われている事例をご紹介いただきます。
 この講演の後、(1) Sakai関連プロジェクト、(2)Learning Analyticsと技術標準をテーマとしてパネルディスカションを予定しています。 それぞれのパネルディスカッションでは、各テーマにおいて開発や実践をされているパネリストを迎え最新情報を報告していただいた後、会場の参加者を交えて討論をするとともに、Patrick Miller氏および Xiaojing Duan氏からも米国の現状を踏まえたコメントをいただく予定です。

 

申し込みはプログラム「参加申込」にあります「申し込み用Webサイト」にてお願いいたします。

 

開催日: 2019年3月25日(月)13:00-17:10
場 所: 法政大学 市ケ谷キャンパス (東京都千代田区) 富士見ゲート 6階 G602
     キャンパスマップにおいて(3)の建物です。
     建物入口概要建物入口フォト
地 図: 駅からの経路図
主 催: 法政大学 情報メディア教育研究センター、JaSakai/Apereo community
共 催: 大学ICT推進協議会OS技術部会、日本IMS協会
定 員: 200名
参加費: 無料

参加申込: 申込用Web サイト   ( https://bit.ly/2T9fyF7 )からお申込みください。
申込締切: 2019年 3月22日(金) *定員になり次第、締切といたします。

 

プログラム:

13:00 - 13:10 開会挨拶
13:10 - 13:50

招待講演 (同時通訳付)
Open Analytics and NGDLE at Notre Dame
  Patrick Miller (University of Notre Dame) Abstract

 The University of Notre Dame is a private Catholic higher education institution that prides itself in its excellent undergraduate education that places it in the top 20 institutions of higher education in the United States.  It has also grown its research graduate programs in the last 10 years by doubling its research funding from private and government grant programs. In order to support excellence in teaching, we have collaborated with our Kaneb Center for Teaching and Learning and our Office of Digital Learning to create an infrastructure that can take advantage of the advances being made in learning analytics.  We selected the Apereo Open Learning Analytics platform because it supports the past and upcoming standards for learning analytics and is open and modular in its approach allowing us to tailor the system to our needs. We will describe our implementation but also provide some background on the historical trends which led us to implement such a platform.
13:50 - 14:30

招待講演 (同時通訳付)
A Deep Dive into Learning Analytics at Notre Dame
   Xiaojing Duan (University of Notre Dame) Abstract

This presentation will begin by diving deeper into the architecture design of the Learning Analytics infrastructure at Notre Dame. Subsequently, it will show some sample data that can be collected from multiple learning platforms with this infrastructure. After the audience is familiar with the types of data and how they are collected, the presentation will share how we applied predictive analytics to the data and identified 2% of our First Year Experience (FYE) students who don’t retain to the second year, what boost methods we employed to increase their capacity to thrive, and the impact of our boosting efforts. Additionally, the presentation will demo some of the interactive visualization reports that were developed to share actionable insights on various aspects of the FYE program with different stakeholders. Furthermore, the presentation will share the lessons we learned from the FYE analytics project and how we expanded it to include some Science, Technology, Engineering and Mathematics (STEM) gateway courses. The goal of this project is to identify underperforming STEM students as early as possible and boost their potential to thrive, thereby improving the overall STEM retention rate.
14:30 - 14:45 休憩
14:45 - 15:45

パネルディスカッション (Sakai)
モデレータ:梶田将司 (京都大学) 論点

Sakaiを全学的なLMSとして利用している各大学から、最新の事例紹介をいたします。名古屋大学からは紙レポートとSakaiの接続、首都大学東京からは反転学習、法政大学からはLTIに対応した学生相互評価システムの事例が報告されます。全学的に展開するための課題などについて討論します。
パネリスト:

  1. 出口大輔 (名古屋大学)
  2. 畠山久 (首都大学東京)
  3. 藤井聡一郎 (法政大学)
  4. Patrick Miller (University of Notre Dame)
  5. Xiaojing Duan (University of Notre Dame)
15:45 - 16:00 休憩
16:00 - 17:00

パネルディスカッション (Learning Analytics, IMS Standard)
モデレータ:山田恒夫 (放送大学) 論点

IMS GLCが推進する、エコシステムを実現するための技術標準である、OneRoster、LTI、Caliperの日本における現状と、それらを使ったLearning Analyticsの可能性を討論します。
パネリスト:

  1. 藤原茂雄 (内田洋行)
  2. 李 在範 (ネットラーニング)
  3. 常盤祐司 (法政大学)
  4. Patrick Miller (University of Notre Dame)
  5. Xiaojing Duan (University of Notre Dame)
17:00 - 17:10 閉会挨拶

問合先: カンファレンス事務局 Mail: admin@sakaiproject.jp